半分寝ながらブログを書いてたふもっふです。

ごきげんよう(・x・)

寝ないように上向いてるんですけど、かくんってなるんですよね。

久しぶりにこんな状態になりました。

実際は何分程度だったのかわかりませんが、長い時間そんな状態だった気がします。

Winning Post 8 2018

このプレイ日記は、20年ぶりくらいにウイニングポストシリーズをプレイしているほぼ初心者の物語です。設定は「1982年開始」「ノーマル」「モードB」となっています。

さて『ウイニングポスト8 2018』ですが、とりあえずここ数日は、どのくらいで2週目行こうとかな?と考えてます。

久しぶりのウイニングポストシリーズにも慣れてきましたし、系統保護とかまったくしてこなかったので、次回はある程度保護したいなと思います。

しかしまずは、ブログの記事と実際のゲームの年数を合わさなくては(´・ω・`)

頑張りたいと思います。

てなわけで、今回は1984年前半の出来事です。

まずは、ヤマノシラギクさんの戦績です。

金鯱賞(G2)1番人気で1着
大阪杯(G1)1番人気で2着
ヴィクトリアマイル(G1)1番人気で3着

この辺でヤマノシラギクさんは成長限界を迎え、あとは衰える一方に…。

成長限界

1着は無理でも、まだ多少稼げるかもしれないと思いましたが、よくやってくれたよって事でここで引退させました。

あとは、いい仔を産んでくれれば。

次は、フモフモスタートさんです。

日経新春杯(G2)4番人気で3着
金鯱賞(G2)4番人気で10着
天皇賞春(G1)11番人気で3着

SSの撮り忘れがあるかもしれませんが、とりあえずこんな感じ。

人気があるとダメで、人気薄だとそこそこやってくれる。そんな感じ。

まあ、こんなところですかね。

そして貰い物のフモフモギフトさん。

弥生賞(G2)3番人気で3着
皐月賞(G1)6番人気で13着
京都新聞杯(G2)1番人気で2着

こいつも勝ちきれません。

G2で1番人気になれる力があるんだから、がんばっていただきたいものです。

話は変わりまして、種付けの事を。

この時期の人気馬であるノーザンテーストを安定して付けるために、本株とやらを購入しました。

1億4000万もだして。

ノーザンテースト株

本株を持ってると、毎年その株の数だけ絶対に種付けができるそうです。

これでBOOKFULLも怖くありません!

ノーザンテーストは安定して良い馬がでるので、序盤に稼ぐならぜひ確保しておきたい種牡馬ですね。

最後に、何回か書いたと思いますが、ここまでは順調にきました。

しかし、稼ぎ頭のヤマノシラギクさんが引退してしまったので、今まで並に稼げるか少し心配です。

なので、ちょっと前に購入したスダホークに期待しながら、保険として何かよさげな史実馬はいないか探しておきたいと思います!

自家生産馬に期待するよりかは、確実ですからね(・∀・)