風邪をひいたふもっふです。

ごきげんよう(・x・)

そんな酷い状態ではないんですけどね、鼻声、鼻水、くしゃみ、目の疲れ、だるさってとこですかね?

だるいので、何もしたくなくなる感じで。

早く治したいところです。

Winning Post 8 2018

このプレイ日記は、20年ぶりくらいにウイニングポストシリーズをプレイしているほぼ初心者の物語です。設定は「1982年開始」「ノーマル」「モードB」となっています。

さて『ウイニングポスト8 2018』ですが、いろいろシステムを理解できてきました。

庭先取引とか小技とか、次は配合関連の事を勉強したいところです。

2017のでいいから攻略本的な物でも買おうかな?と思ってます。中古で。

でも、ネット上にもかなりそれ系の情報があるので、それでもいいかな?とも思ったり。

それはさておき、前回の続きです。

庭先取引と言うものを知ったので、何か試しに買ってみようと思い、一覧を見ていたところスダホークを発見。

G1勝利はないものの、ダービーや菊花賞で2着だったり、G2勝利は何回かしてます!

同世代ではミホシンザンなどが有名すぎるのと、強い子供が産まれなかったので知名度はいまいちですが、強い馬である事は間違いない。

スダホーク

てことで、購入してみました。

G1勝てるレベルならいいなぁと思いながら…。

一方現役馬さん達は、頑張っています!

新潟2歳ステークス15着

フモフモスタートさんは、新潟2歳ステークスを15着。

ローズS1着

ヤマノシラギクさんは、ローズSを1着。

距離が合えば強いです!

その後、繁殖牝馬セールに参加しました。

調教師が「何かわからないけど、この馬よさそう」とか言い出してきたので、サンサンに参加。

サンサン

評価額が1億4500万円だったので、3億までは出そうと思っていたんですが…

3億5000万

3億5000万まで行ったので諦める。

「調教師が欲しいって言ってただけだし、俺は別にどうでも良かったし」

と言ったとか、言わなかったとか。

ヒメテンコウリュウ

3億5000万

その代わりと言っては何ですが、何となく良さそうて理由とマルゼンスキーの仔を受胎していたのでヒメテンコウリュウを落札。

こっちも3億5000万だったんですけどね、こんなの繰り返してたらきりがないってのと、サンサンの方は次の4億で入札しないといけないので、実質5000万安いわけですよ。

と言い訳をしておく(´・ω・`)

後にこの勘が正しかったと知るのであった。