新作MMORPGミューレジェンドのCβTを忘れてたふもっふです。

ごきげんよう(・x・)

ニコ生のミューレジェンド特番を見てすぐCβTに応募をしたんですが、当選発表まで結構期間が空いていたんですよ。

そのせいで発表日を忘れてしまいまして、ふと広告が表示されていたので、「そういえば」と思い公式サイトに発表日の確認に行ったわけです。

それが昨日の昼ごろの話。

そしたらCβTが既に開始されてまして、期間が昨日の夜までだったんですよ。

なので早急に当落の確認をしたかったんですが、応募したメールアドレスがわからない!

「これかな?」ってのを2個ほど試してみたんですが、参加権がありませんと表示されて、応募してないのか落選したのかわからない状態に。

もう時間もないからいいわと諦めました。

多分落選していたと言う事で。

メールで結果を送らず、公式サイトで確認しろってのは、サーバーの負担などを考えるとわからないわけでもないんですが、やっぱり分かりやすく送っていただきたいですね。

ちなみに当落を確認するために会員登録したアドレスは、きちんと退会しておきました。

会員登録させるのが狙いだったんでしょうが、ふもっふさんはささやかな抵抗を試みるのであった。器の小さい紳士です。

Winning Post 8 2018

このプレイ日記は、初心者状態からとりあえず一週目を軽くやってみた後の紳士の物語です。設定は「引継ぎ」「1982年開始」「ノーマル」「モードB」となっています。

さて『ウイニングポスト8 2018』ですが、今回も1986年デビューの馬の紹介から。

牡 クロノパーソン パーソロン×アンジェリカ 【自家生産】
牡 クロノリヴァー リヴァーマン×スマイルアゲイン 【海外セリ】
牝 クロノコウメ パーソロン×アロハラッキー 【セリ】
牝 クロノウメカクテル パーソロン×シャトーハード 【セリ】
牝 クロノウメシュ リアルシャダイ×ケンスター 【自家生産】
牝 クロノオーカン ノーザンテースト×モンテオーカン 【自家生産】

今年は史実馬無し。

パーソンは、牝馬が欲しくてつけたんですが牡が産まれた感じです。

リヴァーは、前言ったと思いますがリヴァーマン系確立のための援護。

コウメ、ウメカクテル、ウメシュと『ウメ』がついてる馬は、競走馬としてではなく、繁殖牝馬として期待している馬です。

直感で買ったのはいいけど印の評価が低く、多分走らないんだろうなと思い、繁殖にしか期待できない馬とも言います(´・ω・`)

オーカンは「この配合ならG1馬出るやろ!」と狙って付けたら、予定通りと言いますかかなり良さそうな評価の馬が産まれました。

話は変わりまして3月の史実馬の親買いですが、今年はこの馬にしました。

メロウマダング

ロジータの母メロウマダングです。

ロジータは、1週目では所持してなかったのでどの程度なのかわかりませんが、他サイトを見る限りダートでかなり強いらしいです。

それに結構有名なダート馬、カネツフルーヴの母でもあるので、繁殖としても期待できます。

種付けの方は、今年も5月の1発目で全頭受胎してくれました。

種付け結果

牧場長のおかげですかね?

毎年1発で終わっもらえると非常に助かるんですけどね。

そしてセリのお話。

幼駒セールでは、今年も売るだけ。

幼駒売却

今年は9頭売却しました。

繁殖牝馬が多くなってきたってのもありますが、全体的に印の付きがよくありませんでした。

まあ、毎年2.3頭走る馬がいれば十分なんですけどね。

多すぎても管理が大変なだけなので。

繁殖牝馬セールでは1頭購入。

ヴェルシェンカ

ヴェルシェンカ

イシヤクマッハの母ですね。

因子に引かれて購入しました。

空きがもうないのに(´-ω-`)

あと、海外トレーニングセール・輸入繁殖牝馬はスルーしました。

最後に…。

知らぬ間に朱鷺坂端午さんを落としたようで。

朱鷺坂端午

なんか水着になってくれました(笑)

調べてみたら、『名馬100選ランキング』で1-3位を独占するとなってくれるそうです。

ノーマルモードなら、簡単に達成できますね。

結婚しちゃおうかなとちょっと迷いましたが、とりあえず保留にしておきます。